2018年9月19日(水)

9/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  3. 3位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  4. 4位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  5. 5位: 地銀経営は360度で点検 金融庁長官、スルガ銀問題受け[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,629,089億円
  • 東証2部 97,045億円
  • ジャスダック 100,999億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.70倍15.01倍
株式益回り6.80%6.66%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

国内株概況

シカゴ日本株先物概況・12日

2018/9/13 6:43
保存
共有
印刷
その他

米長期金利の低下で円が反発したうえ、ナスダック総合株価指数が下げ、シカゴ日経平均先物の上値は重くなった(シカゴ・マーカンタイル取引所)=ロイター

米長期金利の低下で円が反発したうえ、ナスダック総合株価指数が下げ、シカゴ日経平均先物の上値は重くなった(シカゴ・マーカンタイル取引所)=ロイター

【シカゴ支局】12日の日経平均先物は小幅反落した。9月物は前日比70円安の2万2645円で引け、同日の大取終値を25円上回った。米長期金利の低下で円が反発したうえ、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数が下げ、上値が重くなった。米中貿易協議の再開に向けた動きをメディアが報じ、米株とともに買われる場面もあった。この日の9月物安値は2万2530円、高値は2万2735円。

 推定売買高は5万2473枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。

【きょうのマーケット関連記事】
ダイモン氏「幻」の出馬発言の衝撃(NY特急便)
守り重視で低変動株 貿易戦争に備え着々(スクランブル)
QBネット、「1000円カット」値上げの裏に試行錯誤(記者の目)
ソニー、初のESG説明会にのぞく業績への自信(記者の目)

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム