/

シカゴ日本株先物概況・10日

【シカゴ支局】10日の日経平均先物は続伸した。3月物は前日比185円高の1万9340円で終え、大阪取引所の終値を40円下回った。トランプ米大統領による減税などの経済政策が進展するとの期待から米株式相場が過去最高値を更新したことを好感した買いが入った。

もっとも、10日の日米首脳会談後の共同記者会見でトランプ米大統領が通貨安誘導の阻止に言及。一時的に円高・ドル安が進んだことで日経平均先物が売られる場面もあった。この日の3月物の高値は1万9445円、安値は1万9160円。

推定売買高は5万2049枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン