2018年1月19日(金)

1/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 株続落、高値警戒感が阻んだ2万4000円台乗せ[有料会員限定]
  2. 2位: 株、2万4000円を一時上回る 市場関係者の見方[有料会員限定]
  3. 3位: 増える「企業内会計士」 監査法人から年500人転職[有料会員限定]
  4. 4位: 株、上昇ペースに警戒感 目先は相場が乱高下も
  5. 5位: 伊藤忠の岡藤氏、社長の8年間「上出来やな」[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 7,044,547億円
  • 東証2部 105,587億円
  • ジャスダック 119,529億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.46倍 --
株価収益率19.12倍17.40倍
株式益回り5.22%5.74%
配当利回り1.38% 1.46%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,763.37 -104.97
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,770 -50

[PR]

国内株概況

シカゴ日本株先物概況・10日

2017/11/11 7:11
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】10日の日経平均先物は続落した。12月物は前日比180円安の2万2465円で取引を終え、大阪取引所の終値を55円下回った。米株式市場でダウ工業株30種平均が下落したのが嫌気され、日経平均先物にも売りが出た。米上下両院で税制改革の審議が難航するとの警戒感も重荷になった。

 この日の12月物の安値は2万2335円、高値は2万2730円。推定売買高は6万6012枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

関連キーワードで検索

日経平均先物シカゴ大阪取引所

新着記事一覧

読まれたコラム