待ちから攻めへ 爆買い、ネット時代(ルポ迫真)

2016/9/29 7:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京・御徒町の紫色のビル――。年間43万人の訪日外国人が訪れるとされる老舗ディスカウントストア、多慶屋(東京・台東)は「爆買い」スポットの一つとして知られる。だが、社長の竹谷宗二(45)は頭を悩ませていた。「帰国後にどうやってリピーターになってもらうか」

道を開いたのが電子商取引(EC)の海外販売代行を手掛けるテンソー(同・品川)だ。多慶屋の通販サイトを中国語で表示し、受注した商品の海外発送も代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]