2017年12月15日(金)

米財務省、AIGの規制を解除 金融システム影響減

2017/9/30 9:31
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=平野麻理子】米財務省は29日、米保険大手AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)を「システム上重要な金融機関(SIFI)」認定から外すと発表した。国際基準より高い自己資本比率の確保などといった規制が解除される。AIGが金融危機後に業務範囲を見直し、金融システムに与える影響が小さくなったため。

 ムニューシン財務長官は「今回の決定は、企業が金融システムの安定性を脅かす可能性がなくなれば、どのような規制も積極的に解除するという我々の姿勢を示すものだ」とコメントした。

 SIFIは、金融危機後に制定されたドッド・フランク法(米金融規制改革法)に定められた仕組み。保険会社では、当初メットライフ、AIG、プルデンシャル・ファイナンシャルの大手3社が指定された。メットライフがすでに連邦地裁で認定は無効との判断を得ており、銀行以外ではプルデンシャルだけが残ることになる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報