シリアに「反米製油所」 イランとベネズエラが協力

2017/9/28 8:58
保存
共有
印刷
その他

【サルバドル(ブラジル中東部)=外山尚之】シリアとイラン、ベネズエラ政府はシリアのホムス近郊に製油所を建設する。各国とも米トランプ政権と対立する中、反米国家同士で協力を深める。投資額は10億ドル(約1100億円)規模で、生産能力は将来的に日産14万バレルとなる。建設時期などは明らかにしておらず実現可能性も不透明だが将来、地域の火種となる可能性もある。

イラン国営石油会社(NIOC)傘下のイラン石…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]