/

メキシコ地震、死者96人に 製油所再開に遅れ

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコ南部沖で発生した地震で、地元メディアは11日、死者が少なくとも96人に達したと報じた。最も被害が大きかった南部オアハカ州で犠牲者が増えており、同州だけで76人の死亡が確認された。倒壊した家屋の下敷きになった人が多く、捜索の進展で他州を含め、犠牲者数が今後も増える可能性がある。

一方、国営石油会社ペメックスは同日、地震による影響を調べるため、8日に操業を停止したオアハカ州の製油所の再開が遅れていると明らかにした。ロイター通信が伝えた。

余震が続き、施設の安全確認に時間がかかっていることが原因だという。同製油所はペメックスが保有する最大規模の製油所で、今後の国内供給に影響が生じる恐れもある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン