/

この記事は会員限定です

米の「恐怖指数」デリバティブ、売買高が最高に 北朝鮮緊迫で

[有料会員限定]

【シカゴ=野毛洋子】「恐怖指数」と呼ばれるVIXを対象としたデリバティブ(金融派生商品)の売買高が10日に過去最高を記録した。一部の投資家が米国と北朝鮮の軍事衝突による株価急落に備え、VIXのデリバティブ市場で損失のヘッジ(回避)に動いたためだ。

10日、北朝鮮がグアム沖への弾道ミサイル発射計画を発表すると、シカゴ・オプション取引所(CBOE)に上場するVIXオプションと先物の取引が急増した。CB...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン