2019年9月19日(木)

大型ハリケーン「イルマ」、米上陸で被害13.7兆円の試算

2017/9/7 10:48
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=稲井創一】大型で強い勢力のハリケーン「イルマ」は6日、米自治領プエルトリコに接近した。9日にも米フロリダ州に上陸する可能性が高まっている。クレディ・スイス証券はイルマが米本土に上陸すれば被害額は1250億ドル(約13兆7500億円)に達するとの試算を発表した。「ハービー」に続く大型ハリケーンの襲来に備え、米本土の被害予想地域では避難も始まった。

米国立ハリケーンセンターによると、イルマの最大風速は秒速約80メートルで「カテゴリー5」と最大級の勢力を保っている。過去10年間に北大西洋で発生した最大のハリケーンとされ、9日にもフロリダ州を直撃する可能性が出ている。

フロリダ州に上陸すれば、ディズニーワールドなどレジャー施設が集積する世界的な観光地オーランドも影響を受ける可能性が高く、被害額も膨らみそうだ。8月下旬にテキサス州に上陸したハービーの被害額は1800億ドルともいわれ、被害額は合計で30兆円を超える恐れもある。

フロリダ州は非常事態宣言を出して住民に備えを呼びかけている。米軍ではハリケーンの被害予想地域のフロリダ州南端キーウェスト付近にある米海軍飛行場の勤務者やその家族ら約5000人に避難を要請した。

フロリダ州南部フォート・ローダデールに拠点を持つ米格安航空会社(LCC)のジェット・ブルーは6日、同州各都市から飛ぶ直行便を1席99ドルで販売すると発表し、住民の避難を側面支援する態勢を整えている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。