/

ベネズエラ、3日にも制憲議会発足 票操作の疑いも

【サンパウロ=外山尚之】ベネズエラ政府は3日にも制憲議会を発足させる方針を固めた。スペイン国営通信EFEが2日伝えた。マドゥロ大統領の妻で7月30日の制憲議会選で選出されたシリア・フローレス氏が明らかにした。野党は受け入れを拒否しており、衝突が予想される。

制憲議会選で票を操作された疑いも浮上した。選挙に電子投票システムを提供した英スマートマティックは2日、「投票結果は改ざんされており、少なくとも100万票は実際の結果とは差異がある」と発表した。ベネズエラの選挙管理委員会は「でたらめな主張だ」と反論したが、証拠は示さなかった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン