吉本興業など、日本のコンテンツ発信

2016/6/27 20:36
保存
共有
印刷
その他

■MCIPホールディングス(クールジャパン機構と吉本興業などが出資) 25日、インドネシア・ジャカルタ郊外のショッピングモール「イオンモールBSDシティ」内に、日本のコンテンツを紹介、発信する拠点を開いた。

「Kawaiian Cafe(カワイアン・カフェ)」を開設した。舞台を用意して、アイドルグループなどがライブを行うほか、綿あめや抹茶スイーツなど日本の食も提供する。MCIPがアジアに発信拠点を作るのは初めてで、他国への展開も視野に入れる。

MCIPは日本のコンテンツをアジアなどの地域に展開するために官民ファンドのクールジャパン機構と、吉本興業、電通など民間企業の出資で設立された。(ジャカルタ=鈴木淳)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]