/

この記事は会員限定です

アジアTrend 公共住宅に商機、シンガポールで流通大手の出店増

シンガポール支局 菊池友美

[有料会員限定]

シンガポールで国民の8割以上が暮らす同国住宅開発庁(HDB)の高層公共住宅(HDB住宅)の1階部分や低層の商業棟が、流通大手や飲食チェーンの新たな出店先として注目されている。従来は家族経営の小さな食堂を集めたフードコートや店舗として使われることが多かったが、最近では大手スーパーやカフェが進出するようになった。居住者の生活圏内にある好立地に着目した格好だ。小さな食堂や店舗は経営者の高齢化や後継者不足...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン