欧州市場の主要指標11時半 高級ブランド株に売り ドル安一服

2020/7/28 20:31
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン=椎名遥香】28日午前の欧州株式相場は軟調に推移している。下げが目立つのがフランスのCAC40で、英国時間11時半の時点では、前日の終値に比べ0.8%安の4901.54だった。仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンが27日に発表した2020年1~6月期決算は、純利益が前年同期に比べ84%減った。大幅減益が嫌気されてLVMH株が下げ、仏ケリングや英バーバリーなど欧州の他の高級ブランド株にも売りが波及している。

英国のFTSE100種総合株価指数は0.1%、ドイツ株式指数(DAX)は0.4%、イタリアのFTSE・MIBは0.9%、それぞれ下落。スペインのIBEX35は0.4%上げている。

ロンドン外国為替市場では前日まで続いたドル安が一服している。対ユーロ相場は英国時間11時半の時点で、前日の16時時点に比べ0.0030ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1730~40ドル。前日に1年10カ月ぶりのユーロ高・ドル安水準を付けた反動で、いったん利益を確定するユーロ売り・ドル買いが出た。ポンドも対ドルで下落し、同0.0020ドルのポンド安・ドル高の1ポンド=1.2860~70ドルで推移している。

ロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は横ばい。期近の9月物は前日と同じ1バレル43ドル台半ばで推移している。ロンドン金属取引所(LME)で銅先物相場は小幅に下げ、指標となる3カ月先物は前日に比べ0.2%安い1トン6410ドルで取引されている。ロンドン地金市場協会(LBMA)の金価格は下げ、1トロイオンス1930ドル前後で推移している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]