/

欧州市場の主要指標11時半 株は総じて上昇 原油は下落

【NQNロンドン=椎名遥香】28日午前の英株式相場は上昇している。FTSE100種総合株価指数は英国時間11時半の時点で、前日の終値に比べ0.7%高の6185.71。世界的に経済再開の動きが広がっているほか、欧州連合(EU)の復興計画案が公表されたことで景気回復期待が高まった。ただ、中国が香港への統制を強める「香港国家安全法」の制定方針を採択し、米国が対中制裁を科すなどして両国の対立が深まるとの懸念も広がった。このため、上値を追う動きは限られている。

個別では、英国や東欧などで映画館を展開するシネワールド・グループや格安航空会社(LCC)のイージージェットの上昇が目立つ。

他の欧州主要国の指数も総じて堅調に推移している。ドイツ株式指数(DAX)は0.4%、フランスのCAC40は0.5%、イタリアのFTSE・MIBは1.3%、それぞれ上昇。スペインのIBEX35は0.3%下落している。

ロンドン外国為替市場ではユーロが対ドルで上昇している。英国時間11時半の時点では、前日の16時時点に比べ0.0030ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1000~10ドル。EUの復興計画案を好感したユーロ買い・ドル売りが優勢となっている。ポンドの対ドル相場も上昇し、同0.0030ドルのポンド高・ドル安の1ポンド=1.2240~50ドルとなっている。

ロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は下落。期近の7月物は前日比1%超安い1バレル34ドル台前半。米石油協会(API)が27日早朝に発表した週間統計で原油在庫が前週比で増加し、需給の緩みを懸念した売りが出た。ロンドン金属取引所(LME)で銅先物相場は上昇し、指標となる3カ月先物は前日に比べ1%ほど高い1トン5312ドル程度で推移している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン