欧州市場の主要指標11時半 英株下落 航空関連に売り

2020/7/27 20:18
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン=椎名遥香】27日午前の英株式相場は小幅に下落している。FTSE100種総合株価指数は英国時間11時半の時点で、前週末の終値に比べ0.1%安の6115.25。英政府は25日、スペインから26日以降に入国する人に対して、14日間の隔離を求めると発表した。スペインで新型コロナウイルスの感染が再拡大しているのを踏まえた措置で、乗客が減るとの懸念からインターナショナル・エアラインズ・グループやイージージェットなど航空株が売られている。航空エンジンのロールス・ロイスも安い。

ほかの欧州主要国の指数もおおむね軟調に推移している。スペインのIBEX35は1.2%、フランスのCAC40は0.1%、イタリアのFTSE・MIBは0.02%、それぞれ下げている。ドイツ株式指数(DAX)は0.4%上げている。

ロンドン外国為替市場ではドルが主要通貨に対して売られている。対ユーロでは英国時間11時半の時点で、前週末の16時時点に比べ0.0080ドルのドル安・ユーロ高の1ユーロ=1.1710~20ドル。米国の新型コロナの感染拡大や米中対立を背景に米景気の先行き不安が強まっている。Ifo経済研究所が英国時間9時に発表した7月のドイツ企業景況感指数が市場の予想以上に改善し、ユーロ買いを後押しした面もある。

ドルの対ポンド相場は同0.0070ドルのドル安・ポンド高の1ポンド=1.2850~60ドル。

ロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は小幅に上昇。期近の9月物は前週末比0.3%高の1バレル43ドル台半ばで推移している。ロンドン金属取引所(LME)で銅先物相場も小幅に上げ、指標となる3カ月先物は前週末に比べ0.3%高の1トン6436ドルで取引されている。ロンドン地金市場協会(LBMA)の金価格は上げ、1トロイオンス1942ドル前後で推移している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]