欧州市場の主要指標11時半 ユーロ下落 ワイヤーカード株は7割超安

2020/6/25 20:34
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン=椎名遥香】25日午前のロンドン外国為替市場で、ユーロがドルに対して売られている。英国時間の11時半時点では、前日の16時時点に比べ0.0040ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1220~30ドル。欧州中央銀行(ECB)が25日、金融市場が混乱した場合に備え、ユーロ圏外の中央銀行にユーロ流動性を供給する枠組みを新設すると発表。ユーロ需給が緩むとの見方からユーロ売り・ドル買いが出た。

欧州大陸の株式相場は小幅に上昇している。ドイツ株式指数(DAX)は英国時間の11時半時点で、前日の終値に比べ0.3%高い1万2131.74。フランスのCAC40とイタリアのFTSE・MIBは0.1%、スペインのIBEX35は0.3%、それぞれ上げている。ECBのユーロ調達に関する安全網の強化策を受け、投資家心理が上向いた。

個別では、オンライン決済大手の独ワイヤーカードが7割超下げている。同社が25日、破産手続きの開始を裁判所に申請すると発表し、投資家が資金を引き揚げる動きが広がっている。

英株式相場は小幅に下落。FTSE100種総合株価指数は0.1%安の水準で推移している。新型コロナウイルスの感染再拡大の懸念が重荷となっている。

ロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は下げている。期近の8月物は前日比1%近く安い1バレル40ドルちょうど近辺で推移している。ロンドン金属取引所(LME)で銅先物相場は上昇し、指標となる3カ月先物は前日に比べ1%近く高い1トン5905ドルで取引されている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]