/

ドイツ株17日 ほぼ横ばい 電力のエーオンに売り

【NQNロンドン】17日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)はほぼ横ばいだった。終値は前日と比べて5.14ポイント安の1万3133.47だった。欧州各国で新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の制限が引き続き懸念されており、コロナワクチンの開発期待による買いは続かなかった。日中は安値圏で推移したが、午後遅くに下げ渋った。

電力のエーオンとIT(情報技術)のSAPの下げが目立った。保険のアリアンツは買われた。

その他の欧州の主要株式相場はまちまちだった。欧州主要600社の株価指数であるストックス600は下落し、前日比で0.2%安だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン