欧州市場の主要指標11時半 ポンドとユーロ下落 欧州株は全面安

2020/10/15 20:15
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】15日午前のロンドン外国為替市場で、英ポンドは対ドルで下落し、日中の安値水準で推移している。英国時間11時半の時点では、前日の16時時点に比べ0.0090ドルのポンド安・ドル高の1ポンド=1.2940~50ドルだった。

15日午後に欧州連合(EU)首脳会議の開幕を控え、持ち高調整目的のポンド売りが強まった。英国とEUの通商交渉の成り行きを見極めたいとの様子見ムードから方向感に欠ける値動きとなっている。

ユーロも対ドルで安値水準で推移し、0.0040ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1710~20ドルだった。

円は対ドルで小動きの10銭円安・ドル高の1ドル=105円20~30銭で推移している。午後に複数の米景況感指数の発表を控えて、積極的な売買は手控えられている。

英株価指数のFTSE100種総合株価指数は11時半時点で、前日の終値に比べ2.2%安。欧州各国で新型コロナウイルス対策の経済活動の規制が再強化され、世界景気の回復が遅れるとの懸念が強まった。ネット食品デリバリーのジャスト・イートを除く全銘柄が下落している。原油安で石油株が安い。レジャー・外食のウィットブレッドやファッションのバーバリー・グループなどコロナ規制の影響が大きい銘柄の下げが目立つ。

欧州各国の主要株式相場も総じて2%超、下げている。ドイツ株式指数(DAX)は約3%安。欧州主要600社の株価指数であるストックス600は前日比2.3%安だった。

ロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は2.5%安の1バレル42.26ドル付近で推移している。世界景気の先行きを懸念した売りが広がっている。ロンドン地金市場協会(LBMA)の金価格は1トロイオンス1896.15ドル前後に下げている。ロンドン金属取引所(LME)で銅先物相場も下落し、指標となる3カ月先物は前日に比べ0.2%安の1トン6701.00ドルだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]