欧州市場の主要指標11時半 円は小幅続落、英株は続落

2017/9/13 19:54
共有
保存
印刷
その他

【NQNロンドン】13日午前のロンドン外国為替市場で、円の対ドル相場は小幅続落。英国時間11時半時点では、前日16時時点に比べ10銭円安・ドル高の1ドル=110円ちょうど~10銭で推移している。東京市場の流れを引き継ぎ、狭い範囲で推移している。英ポンドは対ドルで小反落。前日発表の8月の英インフレ率を受けて、英中銀が金融引き締め方向に傾くとの見方が広がり、早朝にポンドは買われ一時1ポンド=1.3328ドル付近と、2016年9月中旬以来のポンド高水準を付ける場面もあった。ただ、その後発表された英国の3カ月平均賃金の上昇率が市場予想を下回ったことから、ポンドは急速に売られている。ポンドは対ユーロでも早朝に一時1ユーロ=0.8983ポンド前後と8月上旬以来のポンド高水準を付けたが、その後ポンド売りに転じている。対円でも早朝に一時146円64銭近辺と8月上旬以来のポンド高水準を付けた後、急速に伸び悩んでいる。

 英株価指数FTSE100種総合株価指数は同11時半時点で、前日終値に比べ0.24%安で推移している。鉱業株と医薬品株の下げが指数を押し下げている。個別ではレジャー・外食のウィットブレッドの下げが目立つ。一方で、航空のイージージェットは高い。

 欧州各国の主要株式相場は総じて小幅高。ドイツ株式指数(DAX)は0.07%高。フランスのCAC40は0.04%上昇している。

 ロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は1バレル54.54ドル付近で上昇。ロンドン地金市場協会(LBMA)の金価格は1トロイオンス1332.71ドル前後で上昇。ロンドン金属取引所(LME)で銅先物相場は下落している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:01
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:05
6:02
中国 6:03
6:02
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報