2019年4月23日(火)

欧州市場の主要指標11時半 欧州株伸び悩み

2018/10/12 19:44
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】12日午前のロンドン外国為替市場で、円の対ドル相場は横ばい。英国時間11時半時点では、前日の11日16時時点とほぼ同水準の1ドル=112円20~30銭で推移している。

英株価指数FTSE100種総合株価指数は同11時半時点で、前日の終値に比べ0.58%高で推移している。アジアと欧州の株高に連動している。鉱業株と金融株の値上がりが株価指数を押し上げている。個別では、投資信託のスコティッシュ・モーゲージ・インベストメント・トラストが5%超の上昇と目立つ一方で、たばこのインペリアル・ブランズの下げが大きい。

世界同時株安から一夜明けて、アジア株が上昇したことから、欧州各国の主要な株式相場は総じて上がって始まった。ただ徐々に伸び悩み、一部は下げに転じている。ドイツ株式指数(DAX)は0.29%、フランスのCAC40は0.44%、イタリアのFTSE・MIBは0.26%、それぞれ上昇。スペインのIBEX35は0.43%下落している。

ロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は1バレル80.50ドル付近に上昇。ロンドン地金市場協会(LBMA)の金価格は1トロイオンス1220.25ドル前後に下落。安全な投資先として前日に買われたが、この日のアジアと欧州の株高を受けて、リスク回避の姿勢が後退し売られている。銅の主要消費国である中国でこの日発表された9月の貿易統計で、輸入が増加したことを受けて、ロンドン金属取引所(LME)で銅先物相場は上がっている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報