ECB総裁、マイナス金利の副作用「軽減の必要性検討」 ユーロ下落

2019/4/10 23:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNロンドン=椎名遥香】欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は10日の理事会後の記者会見で「マイナス金利政策によって生じ得る副作用の軽減が必要かどうかを検討する」と述べた。市場では利上げ時期が一段と後ズレするとの受け止めにつながり、ドイツ長期金利は一時マイナス0.03%台に低下した(国債価格は上昇)。外国為替市場では会見前に1ユーロ=1.12ドル台後半だったユーロの対ドル相場が1.12ドル台前半…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]