/

この記事は会員限定です

欧州中銀、金利据え置き 4月からの緩和縮小を再確認

[有料会員限定]

【NQNロンドン=菊池亜矢】欧州中央銀行(ECB)は9日の理事会で、政策金利を過去最低のゼロ%で据え置くことを決めた。域内の金融機関が中銀に余剰資金を預け入れた際に課す手数料(中銀預金金利)もマイナス0.40%で据え置く。

ユーロ域内の国債などを買い入れる量的金融緩和については、4月から毎月の買い入れ額をこれまでの800億ユーロから600億ユーロに減額することを改めて確認した。公表文では、買い入れは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン