欧州市場の主要指標11時半 ユーロ下落 欧州株も安い

2020/7/3 20:36
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】3日午前のロンドン外国為替市場で、ユーロは対ドルで下落している。英国時間11時半の時点では、前日の16時時点に比べ0.0010ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1230~40ドルだった。フランスのフィリップ首相が辞任すると伝わり、ユーロ売り・ドル買いの動きが強まった。ユーロ圏の6月のサービス業購買担当者景気指数(PMI)が上方修正されるなど景気の改善を示す材料が確認され、下値は堅い。

英ポンドは対ドルで下落している。英国時間11時半の時点では同0.0020ドルのポンド安・ドル高の1ポンド=1.2450~60ドルだった。

英国のFTSE100種総合株価指数は英国時間11時半の時点で、前日の終値に比べ56.48(0.9%)低い6183.88だった。米国の新型コロナウイルスの感染再拡大を警戒した売りが出ている。ドイツ株式指数(DAX)やフランスのCAC40も下落している。

ロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は下落している。期近物は前日比約2%安の1バレル42ドル台で推移している。ロンドン金属取引所(LME)で銅先物相場は下落し、指標となる3カ月先物は前日に比べ約1%安の1トン6026ドルほどだった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]