/

この記事は会員限定です

荒れるポンド、予想変動率が「危機モード」に上昇 EU離脱リスク警戒

[有料会員限定]

【NQNロンドン=菊池亜矢】外国為替市場で英ポンドの先行き不透明感が強まっている。6月23日の英国民投票が近づくにつれ、欧州連合(EU)離脱リスクへの警戒感が改めて強まっているためだ。市場が織り込むポンドの予想変動率(インプライド・ボラティリティー、1カ月物)は急上昇し、リーマン・ショック以来の高水準となった。世論調査などへの反応が過敏になっており、英ポンドはしばらく荒れ模様が続きそうだ。

1カ月物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン