/

ドイツ株1日 3日続落 バイエルは業績悪化で13%安

【NQNロンドン】1日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は3日続落した。終値は前日と比べて29.96ポイント(0.2%)安の1万2730.77だった。小動きで推移した後、午後に下げ幅を広げる場面もあった。その後やや下げ渋った。

医薬・農薬大手のバイエルは急落し、13%安だった。来年の利益が縮小するとの見通しと、農業部門で減損費用を計上する可能性があると発表したことが材料視された。自動車のフォルクスワーゲンも安くなった。半導体のインフィニオンテクノロジーズは7%超上げた。仏同業のSTマイクロエレクトロニクスが業績見通しを引き上げたことが好感された。タイヤのコンチネンタルも大幅高だった。

その他の欧州の主要株式相場は上昇した。米国の追加経済対策への期待から、買いが広がった。欧州主要600社の株価指数であるストックス600は上昇し、前日比0.2%高だった。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン