/

この記事は会員限定です

ホンダが手にした「日米安保」 GMと燃料電池車部品合弁

[有料会員限定]

【デトロイト=中西豊紀】ホンダが2020年めどに、燃料電池車(FCV)の基幹部品を米ゼネラル・モーターズ(GM)と共同生産する。生産合弁会社を米ミシガン州に設立し、現地で約100人を雇用する。背後にあるのは日本との自動車貿易を批判し、雇用増の圧力を高めるトランプ米大統領の存在だ。ホンダが見つけたのはGMという「安全保障」だ。

「我々はワンチームだ」。30日、デトロイト市内での記者会見に登壇したホンダの神...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1364文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン