2017年11月19日(日)

武田、バリアント胃腸薬買収が破談に 米紙報道

2016/12/1 2:06
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=高橋里奈】武田薬品工業によるカナダの製薬会社バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルの胃腸薬事業買収に関する交渉が破談になったことが30日わかった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が報じた。実現すれば100億ドル(約1兆1400億円)規模とみられていたが、金額面などで折り合わなかったという。

 武田が買収を目指していたのはバリアント傘下の胃腸薬に強い米サリックス・ファーマシューティカルズ。バリアントは2015年にサリックスを買収したが、会計処理を巡る自社の不祥事で財務基盤が悪化しており、買収後にサリックスの売却も検討していた。

 ウォール紙によると、武田とは再交渉の可能性が残っているものの、バリアントは現在、売却よりもサリックスの事業強化を優先している。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報