/

ゲイツ氏が21年連続首位 フォーブス14年長者番付

【ニューヨーク=伴百江】米経済誌フォーブスが29日発表した2014年の米国長者番付によると、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が資産総額810億ドル(約8.8兆円)で21年連続の首位となった。株高などを背景に長者番付400人の資産総額は2.29兆ドルと前年比2700億ドル増加し、人口約2億人のブラジルの国内総生産(GDP)に相当する規模になった。

2位は著名投資家のウォーレン・バフェット氏(資産670億ドル)、3位はこのほど最高経営責任者(CEO)からの退任を発表した米IT(情報技術)大手オラクルの創業者、ラリー・エリソン氏(同500億ドル)。上位3人の顔ぶれは昨年と変わらなかった。

若手では交流サイト大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏が昨年の20位から11位に浮上。資産は340億ドルで前年比150億ドル増えた。ザッカーバーグ氏は30歳で番付最年少の一人だった。

400人の資産総額の平均は57億ドルで同誌が番付を開始した1982年以降で最高となった。長者の職業別上位3業種は投資(93人)、テクノロジー(52人)、飲食(30人)だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン