国連安保理緊急会合始まる 北朝鮮非難の議長声明検討

2017/8/30 6:07
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受け、国連安全保障理事会の緊急会合が29日夕(日本時間30日朝)始まった。日本の上空を通過したことに日本や米国は神経をとがらせており、国際社会による圧力の強化を訴える。度を超した挑発行為を非難する議長声明などを検討しているもようだ。

国連安保理の緊急会合(ニューヨーク)=共同

緊急会合は日米韓3カ国の要請で開催が決まった。米国のニッキー・ヘイリー国連大使は会合に先立ち、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したことは「受け入れられない」と非難。「真剣な措置をとらなければならない」とし、「中国とロシアが協力を続けてくれると期待する」と記者団に語った。別所浩郎国連大使は北朝鮮に「もっと圧力をかける必要がある」と述べた。

グテレス国連事務総長も29日、報道官を通じて「ミサイル発射は地域の安全保障と安定、対話を生み出す努力を損なう」とする非難声明を発表。北朝鮮に「国際的義務を十分に履行するように」と促した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]