/

安保理の閣僚級会合が閉幕 北朝鮮の非核化目指す方針確認

【ニューヨーク=高橋里奈】国連安全保障理事会が28日に開いた北朝鮮の核開発問題を巡る閣僚級会合が閉幕した。会合を主催した米国のティラーソン国務長官が「北朝鮮に新たな圧力を加えるべきだ」と訴えるなど、国際社会が結束して北朝鮮の非核化を目指すことを確認した。だが中ロが北朝鮮問題の解決には米韓軍事演習を中止すべきだとして米国をけん制、温度差も露呈した。

安保理の4月の議長国である米国が主催した会合には、岸田文雄外相をはじめ日米英など7カ国の外相のほか、関係国として韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相も出席した。

北朝鮮の友好国である中国の王毅外相は「対話と交渉を続けなければならない」と従来の立場を主張、「軍事力の行使は解決にならない」として米韓軍事演習の中止を求めた。ロシアのガティロフ外務次官も中国と同様に演習中止を要求、米国をけん制した。

ティラーソン氏は閉会のあいさつで、「北朝鮮が安保理決議に従って非核化しない限り交渉はしない」と発言、北朝鮮が核開発を断念することが対話の前提条件との見方を示した。

会合前には日米韓外相会談を実施し、北朝鮮問題での連携を確認、中国の取り組みが重要だとの意見で一致した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン