ソニーの映画・TV部門トップにFOX元幹部浮上 米報道

2017/4/27 8:26
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=清水石珠実】米ソニーの映画・テレビ部門を統括する人物として、トニー・ヴィンシクエラ氏が有力候補として浮上した。26日、複数の米メディアが報じた。同氏は米メディア大手である21世紀フォックス(旧ニューズ・コーポレーション)のテレビ部門、FOXネットワークス・グループで最高経営責任者(CEO)を務めた経験がある。

1月にソニー・エンタテインメントのマイケル・リントンCEOが退任して以降、ソニーは後任を探している。リントン氏は、写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営する米スナップの取締役会会長に転身した。同氏は、映画・テレビ部門に加え、音楽事業も監督していたが、ヴィンシクエラ氏は音楽事業は担当しない見通し。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは「克服すべき障害があり、ヴィンシクエラ氏の就任は決定ではない」との関係者の談話も報じた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]