/

アップル、1~3月13年ぶり減収 iPhone減速響く

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルが26日発表した2016年1~3月期決算は売上高が前年同期比13%減の505億5700万ドル(約5兆6300億円)となった。減収は13年ぶり。大画面モデルを出したことで昨年は絶好調だったスマートフォン(スマホ)「iPhone」が大幅に落ち込んだ。ドル高による海外収益の目減りや新興国市場の減速も響いた。

最終利益は22%減の105億1600万ドルで、実質的な1株利益は1.9ドル(前年同期は2.33ドル)だった。地域別では減速が懸念される中国の売上高が26%減と減少に転じた。

iPhoneの販売台数は16%減の5119万台。パソコン「Mac」は12%減の403万台だった。昨秋に大型モデル投入でてこ入れを図ったタブレット「iPad」も不振が続き、19%減の1025万台だった。

腕時計型端末「アップルウオッチ」や、「アップルTV」などを含むその他の売上高は30%増だった。ソフト・サービスの売上高も20%増と好調が続いている。

16年4~6月期の売上高予想は13~17%減とした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン