/

カタール政府系ファンド、「エンパイア・ステート・ビル」出資

【ニューヨーク=伴百江】ニューヨークのランドマーク、エンパイア・ステート・ビルを所有する米不動産投資信託(REIT)は、カタールの政府系ファンド(SWF)、カタール投資庁(QIA)の関連会社が9.9%出資したと発表した。出資金額は6億2200万ドル(約625億円)。出資によって財務体質の強化をはかる。

QIAは、政府の石油資源から得られた資金を分散投資する目的でカタール政府が2005年に設定した。1年前にニューヨークに事務所を開設し、国際的な分散投資を目指している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン