国連大使にニッキー・ヘイリー氏 トランプ氏発表
サウスカロライナ州知事、インド移民2世

2016/11/23 23:22
保存
共有
印刷
その他

トランプ政権で国連大使に起用されるサウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー知事=AP

トランプ政権で国連大使に起用されるサウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー知事=AP

【ワシントン=平野麻理子】トランプ次期米大統領は23日、新政権での国連大使にサウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー知事(44)を起用すると発表した。新政権の閣僚級ポストに女性が決まったのは初めて。同氏はインド移民の2世。「身内の白人男性ばかり」と言われる人事に幅を持たせ、批判をかわす狙いもありそうだ。

ヘイリー氏は共和党の大統領候補者指名争いでマルコ・ルビオ上院議員への支援を表明し、トランプ氏には批判的な立場だった。その後、大統領選ではトランプ氏支持に。一時は国務長官への起用も噂された。

ヘイリー氏はサウスカロライナ州下院議員を経て2010年の同州知事選で当選し、現在2期目。15年に同州で起きた白人男性による黒人系教会銃撃事件で、事件後に結束を呼びかける姿が注目を浴びた。

マイノリティーを中心に人気が高く、共和党のホープとされるが、外交手腕は未知数だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]