/

米シスコとセールスフォース、IoTで提携 サービス共同開発

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米IT(情報技術)大手のシスコシステムズと米顧客情報管理(CRM)大手のセールスフォース・ドットコムは22日、業務提携しサービスを共同開発すると発表した。業務用コミュニケーション、あらゆるものがインターネットにつながる「IoT」向けのサービス、顧客対応といった分野で協力し、2017年後半から融合サービスの提供を始める。

シスコの業務用のビデオ通話・社内連絡サービスと、セールスフォースが強みを持つマーケティング支援サービスを融合させる。IoTでは、セールスフォースのクラウドサービスとシスコの通信インフラ・端末管理のノウハウを統合したサービスも提供する。

通信機器が主力のシスコは、ソフトによる制御技術の普及で製品単価の下落に直面している。セキュリティー、製造業向けIoTサービス開発など、ソフト・サービス事業の比重を高め事業構造を転換しつつある。業界最大手のセールスフォースのマーケティングサービスとの融合でサービスの魅力を高める狙い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません