2019年7月18日(木)

メキシコ経済相「2国間協定も選択肢」 TPP協議

2016/11/23 8:26
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコのグアハルド経済相は22日、トランプ次期米大統領が就任初日での環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱通告を明言したことを受けて「米国が離脱するなら、TPPの内容を踏まえ、(参加各国がそれぞれ)2国間協定を結んでいくことも選択肢として考えなければならない」と話した。

一方で、メキシコは貿易相手が北米に集中しているため「(今後の成長が見込まれる)アジアとの貿易の枠組みが必要になる」との認識を示し、アジア地域の国々と何らかの貿易協定を結びたいとの意向も示した。

TPPを巡ってはトランプ氏が選挙期間中から勝利した場合、就任当日にTPPから離脱すると述べていた。トランプ氏が今回、離脱の意向を改めて明確に示したことでTPPの実現は一段と不透明になってきている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。