/

米民主副大統領候補にケーン上院議員 クリントン氏表明

【クリーブランド=吉野直也】米民主党の大統領候補、ヒラリー・クリントン前米国務長官(68)は副大統領候補にバージニア州選出のティム・ケーン上院議員(58)を起用する。クリントン氏がツイッターで明らかにした。25日から東部ペンシルベニア州フィラデルフィアで始まる民主党全国大会でクリントン氏とともに指名される。

ケーン氏はバージニア州の州都リッチモンド市長、同州知事を歴任し、2013年から現職だ。スペイン語に堪能で、11月の本選の勝敗を左右するヒスパニック(中南米)系の支持拡大を期待できる。先のクリントン氏とのバージニア州での集会でも、スペイン語を駆使し、有権者に支持を訴えた。副大統領候補は「伴走者」と称され、大統領候補の弱点を補う役回りだ。

女性初の米軍最高司令官(大統領)をめざすクリントン氏が選挙戦で前面に押し出してきたのは、力強さだ。副大統領候補はクリントン氏の力強さの印象を引き立たせるのが好ましい。派手さがなく、手堅い印象のケーン氏は、クリントン氏が求める副大統領候補像と合う。

地域の利点もある。11月の本選はオハイオ、バージニア、フロリダの激戦3州が焦点だ。バージニア州選出のケーン氏とのコンビは、同州での戦いを進めやすくなる。クリントン氏は23日にフロリダ州で遊説を予定する。副大統領候補のケーン氏とともに登壇する可能性がある。

 Tim Kaine 1958年2月26日生まれ。ハーバード大法科大学院修了。バージニア州で弁護士として働いた後、同州リッチモンド市長、同州副知事を経て2006年に同州知事に就任。民主党全国委員長も務めた。13年から上院議員。妻のアン・ホルトンさんはバージニア州教育長官。子供3人。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン