2019年1月19日(土)

米パイプライン大手スノコ・ロジ、同業を買収 2.3兆円で

2016/11/22 8:12
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=稲井創一】米パイプライン大手のスノコ・ロジスティクス・パートナーズは21日、米同業のエナジー・トランスファー・パートナーズ(ETP)を買収すると発表した。買収額は約210億ドル(約2兆3000億円)。原油安による投資減退でパイプライン事業は低迷しており、両社は統合することで生き残りを目指す。

両社はエネルギー物流の著名経営者ケールシィー・ウォーレン氏が率いる同じグループ会社で、統合することにより株主への配当金削減なども図る狙いだとみられる。

両社のパイプライン統合で、シェールガスの一大産地であるペンシルベニア州マーセラス地区から、液化天然ガス(LNG)の輸出基地が集中するメキシコ湾沿岸へ、より効率的に輸送できる体制を整えられる。

原油でも、シェールオイル生産で活況のテキサス州とニューメキシコ州に広がるパーミアン地区から、原油の一大流通拠点であるオクラホマ州クッシングなどへ、容易に輸送できるようになる。

トランプ次期米大統領はパイプラインなどエネルギー・インフラの充実を掲げている。ただ、具体策は不透明で、各社とも足元の業況は厳しい状況が続いている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報