トップ交代で加速、フォードのシリコンバレーシフト

2017/5/23 5:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米フォード・モーターが22日、マツダ社長も経験したマーク・フィールズ氏を事実上解任し、子会社トップのジェームス・ハケット氏を最高経営責任者(CEO)に任命した。ハケット氏は米国でも知る人ぞ知る地味な経営者だが、実はシリコンバレーに太いパイプを持つ。人員削減による利益率改善とシリコンバレーシフトというフォードが向かう2つの方向性に合致した適任者を選んだようにも映る。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]