/

この記事は会員限定です

アマゾン脅威から生還した米家電量販

米州総局 稲井創一

[有料会員限定]

21日のダウ工業株30種平均は反落。米連邦準備理事会(FRB)による緩やかな金融引き締めが年末にかけ続くとの見方から、割高感のあるアップルなどハイテク株に売りが先行した。ただ、9月も下旬にさしかかり、年末商戦をにらんで関連株を物色する動きも出てきた。

「お小遣いが欲しい方。仕事を提供します」。

米総合物流最大手UPSは20日、今年の年末商戦で臨時に9万5000人を募集すると発表。昨年と同等規模だが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン