/

アップル、クアルコムを提訴 「不当に高い特許料」

【ワシントン=兼松雄一郎】米アップルは20日、他社の5倍以上の不当に高い特許料を徴収していたとして米半導体大手のクアルコムを連邦地裁に訴えた。アップルは10億ドル(約1145億円)の払い戻しを受ける権利があるとしている。

クアルコムは17日に米連邦取引委員会(FTC)から、競合他社の製品を使いにくくするよう圧力をかけたとして、反トラスト法違反で訴えられていた。アップルの提訴はこれを受け、過去の取引条件の見直しを迫ったもの。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン