GM、新型EVの実質価格2万9995ドルに 「大衆車」市場狙う

2016/9/21 7:47
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=中西豊紀】米ゼネラル・モーターズ(GM)は20日、年末に発売予定の新型電気自動車(EV)「シボレー・ボルトEV」の価格を3万7495ドル(約380万円)に設定したと発表した。エコカー向けの割引措置を使うと2万9995ドルとなる。テスラモーターズの新型車もほぼ同じ価格で、米EVで「3万ドル以下」を巡る競争が始まっている。

GMが発売する新型電気自動車「シボレー・ボルトEV」

ボルトEVは充電1回あたりの航続距離が238マイル(約383キロメートル)と他メーカーの車と比べ長いのが特徴。消費者の実質負担額を3万ドル以下に抑え、高所得者や一部のエコカー好きに偏っていたEV顧客層の裾野を広げる狙いがある。米メディアでは「大衆向けEV」と評価する声もある。

EV市場でGMがライバル視するテスラも2017年に普及価格帯の「モデル3」を発売する計画だ。航続距離は約345キロメートルを想定している。同車は仕様を発表してから約1カ月で受注台数が30万台を超えるなど圧倒的な人気を誇る。今後は米国でベンチャーと老舗企業によるEV対決が本格化しそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]