2019年1月16日(水)

英銀ロイズ、バンカメ英クレジットカード部門を買収

2016/12/21 7:36
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=平野麻理子】英金融大手ロイズ・バンキング・グループは20日、米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)から英国でのクレジットカード事業を19億ポンド(約2760億円)で買収すると発表した。ロイズにとって金融危機で英政府から公的資金を注入されて以降、初めての大型買収となる。クレジットカード事業を広げ、収益源を多角化する。

買収するバンカメの英カード事業は貸出残高が70億ポンド規模に及ぶ。ロイズは今回の買収により、年6.5億ポンドの増収を見込む。17年前半に買収手続きを終える予定だ。

ロイズは金融危機で経営難に陥り、英政府から200億ポンドの公的資金注入を受け入れ、半国営化された。現在は完全民営化に向け、英政府が保有株を売却している。

ロイズのアントニオ・ホルタオソリオ最高経営責任者(CEO)は「買収は英国のクレジットカード市場での存在感を高め、多ブランド戦略と個人向けビジネスの着実な成長という我々の戦略的目標に向け前進するものだ」とコメントした。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報