トランプ氏のツイッター、フォロワー2000万人超す

2017/1/20 9:51
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=西邨紘子】トランプ次期米大統領のツイッターが正式就任を目前に控え、フォロワー数を伸ばしている。直近のフォロワー数は約2040万人、ツイート総数は3万4000件をそれぞれ超えた。トランプ氏は大統領就任後も個人アカウントを維持し積極的につぶやくことに意欲を示している。ただ、こうした姿勢に反対する米国人が大半を占めるとの世論調査もある。

トランプ氏は大統領選を通じてツイッターを活用。過激な内容がたびたび物議を醸してきた。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルと米NBCが今月、共同実施した世論調査では、ツイッターが「悪い考え」だとの回答が約7割に上った。米キニピアック大学が実施した別の世論調査でも大統領就任後、トランプ氏が個人アカウントを維持することに「反対」とする回答が64%を占めた。

トランプ氏は18日放送の米FOXニュースのインタビューで「ツイートするのは本当は好きではない」と告白。「(ツイートをやらなければ)ほかにできることだってある。だが(従来型の)メディアによる非正直な自分についての報道をただすための唯一の手段だ」と積極的につぶやく「真意」を説明している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]