日欧、データの流通促進を確認 7月にハイレベル対話

2017/3/21 3:13
共有
保存
印刷
その他

 【ハノーバー=八十島綾平】日本政府と欧州連合(EU)の欧州委員会は20日、顧客情報や機械の稼働データのようなビッグデータについて、プライバシーを守りつつ日欧間でデータの行き来を活発にすることで合意した。世耕弘成経済産業相と欧州委のアンシプ副委員長らが会談し、共同声明を公表した。

 日本とEUは現在、経済連携協定(EPA)交渉と並行し、日欧間で個人情報を含むデータが安全に行き来できるよう、新たな仕組み作りに向けた交渉をしている。

 声明では、日本は今年5月に改正個人情報保護法の全面施行を、EUは来年5月に一般データ保護規則(GDPR)の発効を控えることを踏まえ「(日欧)相互の円滑なデータ移転をより促進するための新しい機会だ」とした。

 両政府は声明で、今後ビッグデータを自由に流通させた場合の経済効果について、共同で試算を進めることを確認。また今年7月にブリュッセルで開催される「日・EUビジネスラウンドテーブル」に合わせ、政府間のハイレベル対話を実施して、データ流通促進に向けた新たな仕組み作りを模索することでも一致した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

EU世耕弘成データ欧州委員会政府

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
14:57
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報