/

2016年、世界は史上最も暑かった 米発表

【ワシントン=川合智之】2016年は観測史上最も暑い年だったことが分かった。米航空宇宙局(NASA)と米海洋大気局(NOAA)が18日発表した。14年、15年に続き、3年連続で「最も暑い年」を更新した。NASAは声明で「毎年記録を更新するとは想像していなかったが、長期的に温暖化が進んでいるのは明らかだ」と表明した。

世界の平均気温はセ氏14.83度と昨年を0.04度上回り、記録の残る1880年以来最高となった。北極の海氷も1千万平方キロメートルと史上最小だった。世界の測候所や海上観測点6300カ所で測定した。

地球の気温は19世紀後半に比べて1.1度上昇し、二酸化炭素(CO2)など温暖化ガスの排出増が要因という。南米ペルー沖で海面の水温が上がるエルニーニョ現象による異常気象も、昨年の気温上昇を後押ししたとみられる。

一方、トランプ次期米大統領は温暖化について「中国のでっちあげだ」と人為的影響を否定している。2020年以降の温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を主張し、米環境保護局(EPA)長官に温暖化懐疑派のスコット・プルイット州司法長官を指名した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン