/

米ネットフリックス、7~9月32%増収 海外の利用者数拡大

【シリコンバレー=藤田満美子】動画配信大手の米ネットフリックスが17日発表した2016年7~9月期決算は、売上高が前年同期比32%増の22億9000万ドル(約2380億円)、純利益は76%増の5100万ドルだった。海外市場で動画配信サービスの利用者数が拡大した。

7~9月期中に動画配信サービスの利用者は357万人増え、9月末時点の総利用者数は8674万人となった。特に米国外での利用者数が順調に増加。320万人増と同社の事前予測(200万人増)を大きく上回った。「独自コンテンツの集客効果が予想より大きかった」と説明している。米国の利用者数は37万人増だった。

1株利益は0.12ドル(前年同期は0.07ドル)。売上高、1株利益に加え利用者数の伸びが市場予測を上回ったことを好感し、ネットフリックス株は急騰した。17日の米株式市場の時間外取引で株価は一時、同日終値比で20%以上上昇した。

ネットフリックスは10~12月期にサービス利用者数が米国で145万人、海外で375万人の合計520万人増えるとの見通しを示している。未進出の中国については同社単独でのサービス提供をあきらめ、中国の動画配信企業と組んでコンテンツをライセンス提供するよう方針を変更したことを正式に表明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン