/

ツイッター もう一人の創業者、ストーン氏も復帰

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ツイッター創業者の1人、ビズ・ストーン氏は16日、数週間後にツイッターに復帰し常勤社員として働くと明らかにした。創業メンバーでもあるジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)から直接復帰の依頼を受けたという。

ドーシー氏も一時はツイッターを追われたが、利用者の伸び悩み解消の切り札として2015年に復帰していた。同社は幹部の大半が入れ替わる混乱期を経て、創業者のもとに権力を集中させ、メディア企業として生き残る道を探っている。

ストーン氏は企業文化や社風の方向性を示す担当になる。同日「ツイッターはグローバル社会の網の目の中に組み込まれており、世界に必要とされている」とのメッセージを出した。

ストーン氏はツイッターのほか、ブログメディアのミディアム、質疑応答アプリのジェリーなども創業している「連続起業家」。3月にジェリーの米ピンタレストへの売却を発表し、時間が空いていた。同氏は創業期のツイッターで組織の潤滑油として重要な役割を果たしたとされ、温厚な人柄で知られている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン