/

ディズニー未公開映画盗難? ハッカーが身代金要求

【シリコンバレー=小川義也】米メディア大手ウォルト・ディズニーが、劇場公開前の新作映画を盗んだと主張するハッカーから「身代金」を要求されていることが15日明らかになった。米メディアが報じた。ディズニーは支払いを拒否し、司法当局の捜査に協力しているという。先週末に発生した大規模サイバー攻撃との関連は明らかになっていない。

米娯楽専門誌ハリウッドリポーターによると、ボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)がニューヨーク市内で同日開いた系列テレビ局ABCの社員集会で被害を明らかにした。

盗まれた作品名や仮想通貨「ビットコイン」での支払いを要求している身代金の額などは不明。ディズニーが近く劇場公開する作品には「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「カーズ」の新作が含まれる。

ハッカーは身代金を支払わなければ、作品の最初の5分間をまずネット上で公開し、ディズニーが支払いに応じるまで20分単位で作品を順次公開すると脅しているという。

最近では、米ネットフリックスも6月に配信を始める予定だった人気ドラマの新シリーズがハッカーに盗まれた。ネットフリックスが身代金の支払いを拒否したところ、シリーズのうち10エピソードがネット上に公開される被害を受けた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン