/

指輪を「ティファニー」と広告 米コストコに賠償命令

【ニューヨーク=西邨紘子】ニューヨークの連邦地裁は、米会員制量販店コストコ・ホールセールが店舗で販売するダイヤモンドの指輪を「ティファニー」と広告したことが、商標権の侵害に当たるとする米高級宝飾店ティファニーの訴えを認め、コストコに1940万ドル(約21億円)の賠償支払いを命じた。コストコは控訴する構え。

判決は14日付。この訴訟は2013年にティファニーがコストコを相手取って起こした。コストコが「ティファニー」の名称を広告に使ったことで、ティファニーの割引き商品だとの誤った印象を消費者に与えたとして被害を訴えていた。

一方でコストコは「ティファニー」がダイヤモンドを使った指輪のデザインで一般名称として使われているほか、ティファニーの特徴である水色の包装も使っておらず、商標権の侵害には当たらないと主張していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン